努力しても叶えられなかった1つのこと

努力すれば報われる。

頑張ればなんとかなる。

継続すれば成功する。

 

そんな言葉もあります。

だけどどうにもならないこともある、歳を重ねるにつれそんな経験が増えることも事実です。

 

叶えられなかったこと

わたしには子供はいません。

いない、というか、できなかったのです。

 

最初の結婚は24歳から48歳まで続きました。

結婚して数年経ち、どうやら子供ができそうにない、と思って自ら通院し始めたのが20代後半。

 

検査をした結果、

どうやら自然には授からないようだ。

と言われました。

 

ショックでしたが、その時、わたしは本当に子供が欲しいのだろうか。

と、何度も何度も自問自答しました。

前の夫は「わたしが望むならば不妊治療に協力する」と言った。

「わたしが望むなら」。

子供を作る、作るための治療はわたしの意思に任された。

夫婦の問題なのに。

 

そのことがずっとわたしを苦しめるようになった。

もっと素直に腹を割って前の夫と話し合うべきだった。

 

しかし夫はその頃仕事が忙しく、残業続きで帰宅も12時前など、土日も出社する多忙さでした。

それでも遠慮せずに話し合えばよかったのですが、

わたしは若かった、幼かった。

以前ここにも書いたように母との関係性もあまりよくなく、不妊のこと、治療のことを話すこともしなかった。

 

結局不妊治療を数年行い、人工授精を数回行いましたが、一度も授かることはありませんでした。

5年間ほど治療を続け、迷いに迷ったあげく、不妊治療をやめることにしました。

これも自分の意思でやめました。

仕事をしながら毎月遠くまで、排卵前には毎日通う、そんな暮らしに疲れた。

 

夫に言っても夫は「わたしが望むならやめてもいい」。

また「わたしが望むなら」?

あなたの意思は?

問うても答えはなかった。

 

その後、しばらくノイローゼになってしまった、涙が止まらず、孤独感が強くて一人でいることが不安でたまらない。

夫に仕事を休んでそばにいてほしいと言っても無理でした。

 

わたしは本当に子供が欲しかったのか、みんなが子供を産んでいるように自分もそうしたいのか、それはエゴではないのか。

何度も自分に問いかけ、責め、意見も何もない夫に失望し。

 

人生、望んでも、努力しても叶えられないことがある。

手に入らないものがある。

 

その時のことは思い出さないようにしていますが、忘れることはない。

一生その思いを抱えて生きていく。

 

春、芽吹く時期になるとそんなことを思います。

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。