【60代シニアの家づくり】土地探しのコツ教えます 50代セミリタイア主婦の挑戦 

 

立ち退きにあい、家を新しく建てている、50代60代夫婦です。

【ブログタイトル変更】立ち退きにあってしまった!60代、家を建てる? 50代セミリタイア主婦、家づくりに挑む

 

60代、家づくり、終の棲家づくり。

思いがけなく良い条件で且つ安い土地を見つけ、いま、その土地に新居を建築中です。

どうやって見つけたか?

土地探しのコツ、お教えします。

 

60代からの家づくり 土地探しのコツ! 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

立ち退きが昨年決まり、立ち退きに際して受け取れる費用も決まりました。

昨年12月には一部、立ち退き費用が入金され、いよいよ、という気持ちで年末を迎えたのを覚えています。

 

実は土地探し、わたしたちは立ち退き費用が手に入る前にもう動き始めていました。

土地が見つかるまで約半年間、わたしたちなりに得た土地探しのコツ、書いてみます。

 

60代からの家づくり 土地探し①まずはこれ! 50代セミリタイア主婦の挑戦

最初はネットで不動産のサイトをいくつか検索していました。

アットホーム、ホームズなど大手のサイトです。

きっと誰しもこういったネット検索から土地探しを始められると思いますが、我が家も同じ。

どこに住みたい、いくらまで、という場所や予算があれば条件を定めて検索できるのでとても便利です。

 

家を建てる土地を探していましたが、昨年2021年はあまりこれといった土地が見当たらず、古家付きの土地に範囲を広げて、中古物件も探していました。

古家があったとしても安く購入してリフォーム、もしくは解体して更地にする、という考えも選択肢に入れて探しました。

 

「ここはどうだろう?」と思った土地はネットを運営している不動産業者に連絡するのではなく、ネット上の住所や地図などをもとに、自分たちで現地に足を運びました。

5〜6件は見て回りましたが、いずれもピンとくるものがなく。

ネット検索での土地探し、数ヶ月、続けていました。

60代からの家づくり 土地探しのコツ②不動産屋に行く? 50代セミリタイア主婦の挑戦

なかなかネット上では思うような土地が見つけられなかったため、しばらくして地元の小さな不動産屋の広告も見て回るようになりました。

ご存知のように、小さな不動産屋の持っている土地はネットには出ていないことが多いのです。

やはり不動産屋もネットに売り土地を掲載するとなるとそれだけ手数料も費用もかかるはず。

そのため、地元の小さな不動産屋はネット上で不動産販売はしていないことが多いです。

 

しかし、いきなり地元の不動産屋に入っていくことはせず、わたしたちは店の前にかかげてあった広告を写メして実際に土地を見に行きました。

たしかにネットで見る売地にくらべて比較的安価。

しかし、条件がそぐわないときもありました。

 

地元の不動産屋を数件回って土地を見てみたけれど、やはり決め手に欠けて。

この頃からだんだんと気力が落ち、探す意欲も失せていました。

60代からの家づくり 土地探しのコツ③足で探す 50代セミリタイア主婦の挑戦

わたしはほぼ毎日ウォーキングを続けています。

「土地は足で探すもの」という言葉がなんとなく引っかかっていたので、ウォーキング中もきょろきょろと空き地などを探す癖がついていました。

 

そしてその日がやってきました。

別の記事でも書いた、12月25日、クリスマスの日に運命の土地を見つけました。

【60代シニアの家づくり】土地探しに疲れた頃に出会えた運命の土地 50代セミリタイア主婦の挑戦 

 

ウォーキングをしていてまさに自分の足で見つけた土地。

そんなこともある、土地との縁は不思議だと感じます。

60代からの家づくり 土地探しのコツ まとめ 50代セミリタイア主婦の挑戦

わたしたち夫婦の土地の探し方、まとめると、

  1. ネットで探す、実際に土地を見に行ってみる
  2. 近くの小さな不動産屋を回ってみる
  3. 希望の地域を何度も歩いてみる

 

きっと誰しもが思いつくような方法で、土地探しのコツとも裏ワザとも言えないかもしれませんが、このような探し方をしていました。

 

もしそれでもなかなか土地が見つからなかったとしたら、

  • 知り合いに土地を探していることを伝えて情報をもらう
  • 空き地、空き家があったら地元のひとに持ち主を聞いてみる、持ち主に直に交渉する

 

また、わたしたちはしませんでしたが、最終的にとるかもしれなかった手段としては、

  • 近くの小さな不動産屋にお願いして土地を探してもらう
  • 大手の不動産会社を訪問

 

地域の小さな不動産屋ならまだ良いと思うのですが、大手の不動産会社に出向くことは最終手段だと今も考えています。

大手の不動産会社も良い場所、手頃な値段の土地を見つけてきてくれる、と信じたいのですが、そうとは限らないかもしれない、という気持ちは正直否めなかったからです。

 

もっとも、大手不動産会社だとネットワークが広いだけに、早く、良い土地を見つけられるかもしれません。

あまり土地探しに糸目はつけない、できるだけ早く見つけたい、ということであれば手っ取り早く大手不動産会社を訪問する、が良いのかもしれませんね。

 

最後に一つだけ。

自分たちで生まれてはじめて土地探しをしてみて、どんな方法で土地探ししても土地探しに正解はない、ということがよくわかりました。

正解はない、その代わりに、間違いもない。ということも。

土地探しして自分たちに合った土地が見つかれば、それが正解、と言えるのかもしれませんね。

60代からの家づくり 土地探しのコツ 土地の決め手は? 50代セミリタイア主婦の挑戦

シニアの家づくり、土地探しは半年ほどかかりましたが、最終的に納得のいく土地を見つけることができたことはやはりうれしいです。

土地探し、こだわるとゴールが見えない、エンドレスなプロジェクトです。

どこで折り合いをつけるか、それともドンピシャな土地を探し続けるか。

悩ましいところですね。

 

わたしたちがこの土地に決めた要素は、

  • 手頃な金額だった
  • 土地勘のある土地
  • 最寄り駅に歩いていける
  • スーパー、コンビニなど商業施設に歩いていける
  • アップダウンの少ない土地

でも、一番の決め手は、

最初にひと目見て「ここに住みたい!」と感じたことです。

三方は家に囲まれていたけれど、北側だけは何にもさえぎられていなかったので、その明るさとオープンさに惹かれました。

土地探し、土地の決め手、やっぱり最初に感じるもの、ときめきが一番なのかもしれないですね。

 

 

ひとの心身を植物で癒やす。

園芸療法をやっています

\ぜひ知ってほしい園芸療法/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ

みどりのおもちゃ箱

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。