【60代シニアの家づくり】土地探しに疲れた頃に出会えた運命の土地 50代セミリタイア主婦の挑戦 

立ち退きにあい、家を新しく建てている、50代60代夫婦です。

【ブログタイトル変更】立ち退きにあってしまった!60代、家を建てる? 50代セミリタイア主婦、家づくりに挑む

 

60代、家づくり、終の棲家づくり。

いざ家づくり、となると、まず土地をどうしようか、困っていたわたしたち。

土地探しには苦労しました。

 

半年間ほどかけて土地探し、そうして突然現れた運命の土地。

運命の土地、なんてかなり大げさですが、ほんとうにそんなことがあるとは。とわたしたちもいまだに不思議です。

 

運命の土地がどうやって現れたのか、手に入れることができたのか?

少し読んでいってください。

 

60代からの家づくり シニア夫婦の土地探し  50代セミリタイア主婦の挑戦

よくある土地探しの方法としては、まずネット上の不動産を探す、という方法です。

わたしたちも同じく、最初はネットで土地を探していました。

いくつか探して現地を訪れてみたり、でもなかなかピンとくる土地がなかった。

 

その後、地域の小さな不動産屋を訪れたりしましたが、なかなか良いと思える土地はありませんでした。

 

60代からの家づくり 土地探しに疲れ、あきらめかけた頃  50代セミリタイア主婦の挑戦

すっかり疲れて「しばらく土地探し、やめようかな。」と思っていたその頃。

忘れもしない2021年12月25日、クリスマスの日。

 

午前中にたまたま出会った知り合いが、「この近くに売り出し中の土地があるよ」と教えてくれたので行ってみました。

ロケーションはまずまず、だけど値段がかなり高額だった、まったく手が届かず。ガッカリ。

こんな良い環境に土地が見つかればいいなあ、でも高価すぎる。

 

そんなことがあったあと、午後、わたしがウォーキングをしていると、いつもはなかった看板がふと目についた。

 

「売地」って書いてある。

 

こんなところにこんな土地、あったっけ?

いままで見落としていたんだろうか?

 

「売地」の看板に書いてある不動産屋さんの連絡先を書き留めて、その日たまたま家にいた夫を呼んで一緒に土地を見てみました。

 

あらためて土地を見て、

二人して、

これだ!この土地だ!!

 

土地を扱っているのは近くにあった小さな不動産屋さんでした。

土地の値段は950万。

土地購入に必要だろうと覚悟していた金額よりはるかに低い!

かなり小さな土地だけど2人だけの住まいだからちょうどいい。

しかも立地、交通の便、環境も良い!

 

その土地をわたしたちは手に入れました。

実は購入するまでいろいろあったのですが、最終的には買うことになりました。

 

60代からの家づくり 足で見つけた運命の土地 50代セミリタイア主婦の挑戦

土地探し、私達の場合、ネット上ではままならなかったですが、まさに「足で見つけた」土地を購入することになりました。

気に入った土地に偶然に、たまたま出会った。と言えばそうなのかもしれません。

「そのひとに合った土地はいつかきっと見つかるときが来る」と言われるけれど、やっぱりじっとしていたら見つけることはできなかった、とも思います。

 

立地、環境、状態、そして金額的にもわたしたちシニアに見合った土地を幸運にも手に入れることができました。

こうしてシニアの家づくり、終の棲家づくりが本格的に始まりました。

 

ひとの心身を植物で癒やす。

園芸療法をやっています

\ぜひ知ってほしい園芸療法/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ

みどりのおもちゃ箱

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。