【サクサク読書】これだ!積ん読を解消 50代セミリタイア主婦のワザ

このところ読書三昧です。

週刊誌や雑誌なども読んでいます。

いつもなら本を頼んだはいいけれどなかなか読めず、未読の本が山のようになっていたわたし。

いわゆる積ん読を解消するため、思い切った行動に出てみました。

それは、本を売ること、です。

 

読書でサクサクインプット。フリマサイトを活用 50代セミリタイア主婦のワザ

雑誌、週刊誌、ともに鮮度が命。

買ったままほうっておいたのでは意味がありません。

小説など通常よく購入する、定期的に発行される書籍以外のものはほうっておいてあとからゆっくり読んでもいいかもしれない。

しかし、雑誌や週刊誌は購入したらすぐに読んで情報を仕入れる、そのための定期的な発刊。

 

ついついほうっておいてしまうわたしのようなひとに、強制読書を考えました。

 

それは、読んだらすぐさまフリマで売る、です

 

あまりにも強制すぎてみなさんにあきれられそうですが、これがなかなか、わたしにハマりました。

 

週刊誌、雑誌を購入したら次の日までにすぐさま読むようにします。

いや、むしろ手に入れたそのときに写真を撮っておく。

読み終える、いや、読み始める前にフリマにすぐに値段を付けて出品するのです!

 

なんて無謀な。。

 

そうですよね。

 

ただし、説明文に「発送は翌日になります」と明記しておく。

 

つまり、フリマサイトで購入されたその日はまだ手元においておけるので、雑誌や週刊誌を読む時間、猶予がある。

しかし次の日には発送しなければいけないので、必死になって読む。

 

締め切りをもうける読書。フリマサイトを活用 50代セミリタイア主婦のワザ

なかば無謀なやり方で複数冊を出品することはむずかしいですが、これはいつも読むのが遅いわたしのお尻をたたくのにちょうどいいやり方。

今日中にゼッタイに読み終える!と思ったらけっこう読めるものなんですよね。

 

いつも「雑誌買ってきたけど今日すぐに読まなくてもいっか」とほったらかしにするからどんどん鮮度が落ちていく。

知りたい情報は雑誌を購入したその日から一日ずつ古くなっていく。

 

ただし、仕事が立て込んでいる場合はこのような荒行、やらないほうがいいですが。

 

読書でインプット、鮮度が命。フリマサイトを活用 50代セミリタイア主婦のワザ

フリマサイトで雑誌や週刊誌、月刊誌を出品しているひとはもうよくおわかりのようで、購入日にすでにフリマサイトに出品されていたりします。

値段つけも発売日から遠ざかるにつれどんどん安価になっていく。

その雑誌が特別な内容のものならプレミアもつくかもしれませんが、そういうものはほとんどない。

 

こんなふうに雑誌のたぐいは自分のお尻をたたきながら読書にいそしんでいます。

優雅な読書ではないですが、強制インプットにはもってこいの方法なのかもしれません。

 

フリマサイトの値付けを考えるのもゲーム感覚で楽しめるし、フリマサイトで雑誌を売ったらそのポイントでまた別の気になる本を購入できる。

 

しばらくそんな強制読書ブーム、続きそうです。

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。