【本当は欲しい】老後に備える 50代セミリタイア主婦

 

もうこれ以上欲しいものはない、なんて言っておきながらこのタイトルです。

すみません。

かなうならば、一つ、欲しいものがあります。

 

住みやすい家 明るい家 50代セミリタイア主婦の夢

ほんとにこれは夢ベースの思いです。

 

住みやすい家が欲しい。

明るい家が欲しい。

 

いま住んでいる家は夫の両親が建てた家です。

だから築50年くらいですね。

夫もずっとここで過ごし一度目の結婚のときは同居していたので、夫は人生の大半をこの家で過ごしています。

 

夫はいまのままでいい、と思っていると思います。

わたしが思うに、

この家で老後暮らすなら、リフォームしたほうがいい。

そう思ってはいます。

 

作業療法士として働いていたとき、高齢者、利用者さんが住んでいた家はみな暮らしにくい家でした。

団地に住んでおられるかたなどは、まず階段がハードルになっていました。

1階部分に住まれていても、古い団地には数段の階段がかならずあります。

40年、50年経つ団地で階段の無いところは皆無でした。

ある程度は心身機能維持のために階段も必要、と思うけれど、車椅子生活になられると送迎がとても大変でした。

ありえない方法で階段を毎日クリアしていました。

上からロープを職員が垂らし、車椅子に乗った利用者につかんでてもらって引っ張り上げる。

階段を利用者の乗った車椅子ごと持ち上げるなどなど。

部屋の中に入っても団地なのに狭い廊下があったりしてバリアありすぎでした。

 

一軒家もバリアありすぎ。

うちなども玄関に上がりかまちがある。

古い日本の家は高齢者には向いていない。

 

義父は数年間、重い認知症だったけれど、自分で靴もはけて段差もなんなく乗り越えられたのでまだよかったのです。

ほんとうはもっとフラットだったらな、と思ったりしました。

 

そういうこともあり、これから30年くらい暮らすとしたら今からリフォームできるといいな、とは思っています。

いかんせん、先立つものはありませんが、できるところは変えておいたほうがいい。

床もきしむところ、へこむところがあります。

2階はもう使わなくなるだろうから、1階をもっと充実させればよい、と思っています。

 

老後に向けての準備は今 50代セミリタイア主婦の夢

わたしは50代、夫は60代、もう数年するとまた心身状態は変わってくるはず。

あれこれ考えて老後に向けて備えよう、と思える、動ける年齢。

 

時がたつにつれ、そういうことを考えることもできなくなる、と思ったほうがいい。

 

病気になってすぐに治る、もしくは亡くなることができればいいけれど、言い方は良くないかもしれませんが、いまは命が助かってしまう。

 

そのあとが問題です。

 

長く自宅で闘病しなければいけない、麻痺など身体に障害を抱えながら生きていく、となったら古い日本の家は暮らしにくい設計です。

後付けでなんとかなることもありますし、現にそういうご家庭が多いですが、限界もあります。

 

できればリフォームをしたい。

特に、いずれそこで暮らすことになる1階はどの部屋も暗くて寒いので、明るく陽を入れたいところです。

 

そういう話はわたし一人でどうなるものでもないのでむずかしい問題ですが、少しずつ夫に話をしていくしかないですね。

夫もわたしも歳を経ると頭も固くなっていくでしょうから。

だけど、先立つものがない。。

 

【なんと貯蓄ゼロ!?】どうする? 50代セミリタイア主婦の選択

 

だけど、できることもあるはず。

 

ちょっと遅いかもしれないけれど、こういうことは早ければ早いほど良い。

 

そういうわけで、欲しいものがあるとすれば、家を変える、リフォームすること、でしょうか。

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。