【60代の家づくり】良い地域工務店の見つけ方・見学会に初めて参加してみた! 50代セミリタイア主婦の挑戦 

 

立ち退きにあい、家を新しく立て直す予定の50代60代夫婦です。

【ブログタイトル変更】立ち退きにあってしまった!60代、家を建てる? 50代セミリタイア主婦、家づくりに挑む

 

家を建てる、どこに頼むべきだろうか?

ハウスメーカー?工務店?

あなたはどこで家を建てましたか?

 

いろいろ調べてみた結果、わたしは一つの地域工務店さんに出会いました。

よくよくホームページを読みこんで、その工務店さんが建てたおうちの見学会に参加してみました。

 

60代からの家づくり 見学会に参加するまで 50代セミリタイア主婦の挑戦

わたしたち夫婦は住宅展示場にまだ行ったことがありません。

住宅展示場に行ったら最後、営業の電話の嵐なんでしょう??

それとも老夫婦二人だからお金にならない、と、鼻であしらわれるのかな。。

 

そんなふうに考えてしまいました。

 

おりしも2020年からの新型コロナクライシス。

大きな住宅展示場に出かけるのもためらわれる。。

と、まだ実際に家、モデルハウスさえ見に行ったことがありませんでした。

 

わたしたち夫婦、もうシニアの域。

小さな小さな戸建てでいいのよね。

箱みたいな家にちょっと庭と駐車場があればそれでいい。

2階も必要なくなるだろうし。

 

そんな小さな家づくりにつきあってもらえるのはやっぱり地域の工務店じゃないだろうか。

 

そのように考えがかたまってきました。

 

60代からの家づくり まずは地域の工務店探しから その決め手 50代セミリタイア主婦の挑戦

地域の工務店さんをかたっぱしから探してみました。

インターネット上で調べてみた結果、いくつか工務店がヒット。

インターネットで探すなんて、と思われるでしょうが、わたしは今の時代、意外とインターネット上のほうが探しやすいはず、となんとなく検討をつけていました。

 

良さそうな工務店、素人目線で選んだ基準、その決め手は、

  1. わかりやすいホームページを作っているかどうか
  2. 作っている住宅の性能やコンセプトをはっきり書いているかどうか
  3. 建てられた家を見て自分の好みかどうか
  4. 具体的に家づくりにかかる費用を公開しているかどうか
  5. 会社のブログを持っているかどうか、更新されているかどうか

 

すごくざっくりですがこのようにポイントを絞りました。

その理由を書いてみます。

 

わかりやすいホームページを作っているかどうか

 

いまどき、見る人にわかりやすいホームページを持っていない工務店は論外だと思っています。

ホームページは持っていても、どんな家が建つのか、どんなスタッフがいるのかなどがわからない工務店は興味がわかないですよね。

ホームページは営業ツール。

ていねいに作っているかどうかは家づくり、自分たちの作る商品への情熱しだいだと感じます。

 

作っている住宅の性能やコンセプトをはっきり書いているかどうか

 

さきほどと同じ内容になりますが、その工務店の作る商品を自信を持ってすすめられるものかどうか。

ほんとうに自信があるのならホームページを見るだけでわかると思います。

「こんなにきちんと作っていますよ。うちの商品を自慢します」といった意気込みが感じられるはず。

そう感じないホームページには魅力を感じないですよね。

 

建てられた家を見てみて、自分の好みかどうか

 

いくらホームページがかっこよく、すばらしくてもその会社の商品が自分の好みでなければしかたない。

「このおうち、素敵!」「こんな家、いいなぁ」と思う家を作っている工務店に家づくり、お願いしたいものですよね。

 

具体的に家づくりにかかる費用を公開しているかどうか

 

やっぱり大切なのは費用、お金です。

いくら素晴らしい商品、家をつくっていても「いったいいくらくらいかかるんだろう?」

知りたいのはそこ、ですよね。

実例として家づくり、何にどれくらいかかるのかをはっきり明記している工務店さんはすごいと思います。

だいたいの工務店さん、ハウスメーカーはここをぼやかしたがる、と感じます。

けれど、家づくりにかかるお金を明記されていれば、自分たちにも買える家なのかどうかの目安になります。

自分たちにみあった金額ならば「これくらいでなんとかなるのか。相談してみようかな」ときっと思うはず。

 

会社のブログを持っているかどうか、更新されているかどうか

 

これはかなり重要、ブログがあると好印象だと思います。

ホームページだけでなく社員さんたちがそれぞれブログを記している会社は多い。

しかし、長い間更新されず、手つかずになって止まっている。。

そんな会社も多いです。

コンスタントにブログ記事をアップされていて、どんな家をどのように作っているのかが見れる工務店さんは最高です。

スタッフさんたちの生き生きとした様子もうかがえる。

みなさん、家づくりへの意欲が大きいのだな、と信頼できます。

 

60代からの家づくり この地域工務店に頼みたい! 50代セミリタイア主婦の挑戦

地域の工務店さんのホームページを見て、これらの条件があてはまったのは1社だけ。

そうなればもう、

この工務店さんに頼みたい!

この工務店さんのファンになってしまった。

ぜひ建てた家を見てみたい、スタッフのみなさんに会ってみたい!

そう思うはずですよね。

 

タイミング良く、その工務店さんが最近竣工された家をお借りしての見学会がありました。

わたしたち夫婦は情熱をかかえて見学会に参加。

 

見学会で見せていただいた家。

デザインに凝ることなく、シンプルでいいかんじ。

こんないっぱい木の香りのする家、理想だったな。

 

そして、スタッフの方たちとお話しもできました。

「このひとたちに家づくり、お願いしたい!」

 

実際に工務店さんのスタッフさんとお会いしてお話しても、気が合う、合わないはあるはず。

しかし、今回たったひとつの工務店さんの見学会に参加して、私達夫婦は「ここにお願いしよう」という気持ちになりました。

スタッフさんは「別の工務店さんの見学会に行かれてみてもいいと思いますよ」と言ってくださったのですが、わたしたちはもう行く気持ちはない。

この工務店さんと作っている家、商品に、そしてスタッフさんたちの人柄に惚れ込んでしまった。

 

こんなかんじでいいんでしょうか?

安易だろうか?

いや、ファーストインプレッション、間違いない!

と、夫婦して思いこんでいるけれど^^;

 

実際、家を建てるのは来年春以降。

いまはまだ8月。

だけど、もう動き始めてしまった、かもしれません。

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。