【60代シニアの家づくり・終の棲家づくり】どこで建てる?ハウスメーカー?地域工務店? 50代セミリタイア主婦の挑戦 

 

立ち退きにあい、家を新しく立て直す予定の50代60代夫婦です。

【ブログタイトル変更】立ち退きにあってしまった!60代、家を建てる? 50代セミリタイア主婦、家づくりに挑む

 

60代、家づくり、終の棲家づくり。

どこに頼むか、やっぱり考えました。

 

ハウスメーカー?

地域工務店?

 

調べていくうちにわたしは地域工務店一択になっていきました。

なぜそうなったかについてお話します。

 

60代からの家づくり どこに頼む?ハウスメーカーは? 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

まずわたしはハウスメーカーで家を建てることを考えました。

ある50代のブロガーさんがハウスメーカーで夫婦二人の家を建てた、という記事をよく読んでいたからです。

20坪くらいのコンパクトな平屋、わたしたち二人にもちょうどいいな。

そう思っていました。

そのハウスメーカーの情報を見たりもしていました。

だけど。。

どうなんだろう?

 

疑問をもってしまったのは、3つの理由から、です。

  • ハウスメーカーが押している機能は必要ない
  • ハウスメーカーのデザインから選びたくない
  • ハウスメーカーは相手にしてくれないかも?

 

ハウスメーカーが押している機能は必要ない

 

たとえば全館空調システム。

はやりなのか売りなのか、多くの人が導入しています。

 

わたしも最初は一年中快適なこのシステム、いいな、と思っていました。

冬は暖かく夏は涼しい。

快適です。

 

しかし、このシステム、なにもしないでいい、というわけじゃない。

メンテナンスや掃除が必要です。

 

全館空調システムを一度導入してしまうと定期的なメンテナンスと部品交換が必要。

定期的にかかってくるメンテナンスコストがあります。

自分たちでも定期的なお手入れ、掃除が必要。

光熱費が節約できるといわれていますが長い目でみたときどうだろう?

エアコンでもいいのではないか。

エアコンは毎日ほぼ24時間つけっぱなしでもそんなにすぐには壊れない、何年かはもつ。

 

全館空調システムの場合、家の居室全部に空調が配置されます。

仕組みはよくわかるのだけど大元の空調システムが壊れてしまったら、全室の空調、温度調整ができなくなります。

大元のほとんどが室外にあるシステムではないので中をさわらなければいけなくなる。

真冬、真夏に壊れてしまったら困るかもしれない、と思いました。

壊れる確率はかなり低いのかもしれないし神経質になることはないとはいえ、わたしたちの年齢で対処できるのだろうか?

 

全館空調システム、いずれは使わなくなるのではないか、という疑問もあります。

わたしたち夫婦が歳をとってこまめな清掃やメンテナンスが大変になったとき、その可能性はおおいにありえます。

メンテナンスが大変になったらだれでも触れる通常のエアコンで十分、とそちらに戻るのではないか。

全館空調システムをつけている家でもいざというときのためにエアコンの室外機設置用の穴(壁面につけるもの)はあらかじめ設置しているひとが多いようです。

 

若ければいいのだけど、老後を迎えるわたしたち。

だからこそあえて便利なものほど手を出さないほうがいいのかもしれない、と感じます。

懐古主義ではないですが以前からあるもののほうがわかりやすい、何かあったときにまだ対応できる、かもしれない。

 

ハウスメーカーのデザインから選びたくない

 

事前にいくつかおうちのデザインが用意されているハウスメーカーもあります。

ローコストをうたっているハウスメーカーに多い気がします。

一つのデザインをチョイスしても変更は可能なのだろうけれど。。

どれもわたしの好みではない。

そんなにデザインはいらない、シンプルでいい。

 

ハウスメーカーは相手をしてくれないかも?

 

一番の理由はこれです。

50代60代の夫婦、そんなにもう働かない。

あとは年金暮らし。

夫婦二人だけだからとても小さな家づくりになる。

ハウスメーカーはもうけにならない注文を引き受けてくれるのだろうか?

小さい家だとしてもいろんなオプションを買うひともいるかもしれない。

だけど、わたしたちはそんなゆとりはない。

そういうことが予測されて、いまだに住宅展示場に足を運んでいません。

 

 

いろいろ考えすぎかもしれませんが、とにかく営業さんのいるハウスメーカーにはお願いしないほうがいいかも、と思うようになりました。

営業さんがいる、モデルハウスがある、ということはそれだけの経費がかかっている。

地域工務店は営業はいない、モデルハウスもないところがほとんど。

となると、家づくりのお金、少しはカットできるのじゃないか?

そう考えて、シニアの家づくり、小さな終の棲家づくりでも考えてくれそうな地域工務店を探してみたのです。

 

60代からの家づくり どこに頼むか?もっと若ければ違った? 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

もしわたしたちがもっと若ければどうだったか。

若かったとしてもわたしはハウスメーカーには頼まないかもしれません。

 

家づくりのことを少しでも知ったら二人三脚で家をつくっていける地域の工務店のほうが楽しそう。

 

ハウスメーカーだと設計士の方と話しながらすすめていく、ということがむずかしいと聞きます。

営業さんが間取りを考えたりすることもあるとか。

そういった場合、的確な、ワクワクするアドバイスってもらえるんだろうか?

こちらが提案したことを柔軟に受け止めてアレンジしてもらえるだろうか?

ちょっと心配になる。

 

そんな理由で今回は地域工務店さんの見学会に参加しました。

【60代の家づくり】良い地域工務店の見つけ方・見学会に初めて参加してみた! 50代セミリタイア主婦の挑戦 

 

ワクワクする家づくり、いまから楽しみです。

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。