【比較検証】iPhoneのバッテリー交換、どうしたら? 50代セミリタイア

わたしはiPhone7 Plusを以前使っておりました。

しかし2年前、iPhone11に変えまして、7 Plus必要なくなり、下取りに出そうかと考えていたら、夫に奪われました。。

 

夫は動画フリークでございます。

7 Plusの大きい画面がお気に入り。

 

しかし、夫が動画ガンガン見てると当然ですがiPhoneの電池、なくなってしまいました。

そこで夫は以前使っていたiPhone7に変えたんですがiPhone7 Plusの大きい画面が忘れられないらしく。。

 

「電池交換したい」

 

さて、どうしよう?

 

iPhoneといえばApple。

わたしはApple製品はAppleで正規に買うことにしています。

しかし、AppleCareなどの保証プランには入りません。

壊したりなくしたらそのとき、と思っているからです。

 

まさかiPhoneのバッテリー交換をしようとは。

 

いままでやったことはなく、歴代のiPhoneはすべて買い替えてきた。

そこまで使い倒した経験はありません。

 

しかし、ピンポイントに節約重視の夫。

新しい機種を買うよりiPhone7 Plusを使い続けるほうがよい、と主張。

たしかにiPhone7 Plus、わたしも薄くてきれい、一番良いと思ってたりします。

 

iPhone、どこでバッテリー交換する? 50代セミリタイア考えた

最初は夫が自分でバッテリー交換を試みたのです。

ところがこれが大変そう。

機械ものに強い夫でさえバッテリー交換の動画を見ただけで「これはできない」と言うほどの大変さ。

しかもハードの薄いiPhone7なので躯体をこじあけるとかきっとプロでないとむずかしいでしょう。

さらに夫の激しい老眼、細かいものがほとんど見えないいま、断念せざるをえなかった。

 

ではどこか店舗でやってもらうしかないです。

正規店、非正規店、どっちが良いか?

こちらの条件は、

  • 店舗までは行けない、郵送受付で
  • なるべく早く
  • 代金はあまり高くなかったらOK
  • 安心してまかせられるところ

 

まず非正規店の評判を見ます。

iPhoneバッテリー交換だけでもいくつもお店があります。

インターネットで調べて、ざっと見ても10店くらいあります。

たくさんの情報の中から評判の良さそうなお店を見ますが直接お店に行かれる方が多いようです。

しかしうちはお店まで行く気力はないので自宅から配送、受け取りのお店を見てみます。

 

はっきり言ってしまいます。

どのサイトもわかりにくい。

 

わたしたちの欲しているものは、

  • iPhone7 Plus
  • バッテリー交換
  • 郵送で
  • なるべく早く

 

これだけなんですが、これらを調べるのがむずかしかった、時間がかかった。

iPhoneに特化してるお店もあればスマートフォン全般、それもバッテリー交換だけでなく修理全般されているからですね。

この3つの情報をさくっと得ることのできるサイトは1つだけ、でした。

 

スピード重視の時代、消費者もずいぶんわがまま、せっかちになっていますね。

 

全部見てみて思ったのは、

  • 郵送の場合、代金無料だが梱包は基本、自分で行う(行わなくてもいいところも1箇所みつけた
  • バッテリー交換の値段は1000円台から6000円台まで幅広い
  • 作業後の保証がつく、つかないがある、付く場合は値段が上乗せされる
  • 郵送修理は何日かかるかが明記されていないことが多い

Appleでない非正規店のサイトを見た限りはこのような印象です。

 

iPhone、どこでバッテリー交換?Appleに決めた 50代セミリタイアの検証

結局、一番サイトを見てわかりやすかった正規店であるAppleにバッテリー交換を頼むことにしました。

料金は非正規店と変わらないのであればもう迷いなくAppleに依頼、でした。

 

手順は、

  • 「Apple iPhone バッテリー交換 郵送」で検索
  • 「iPhone の修理 – Apple サポート 公式サイト – Apple Support」クリック
  • Appleのサイトへ、「バッテリーと電源の修理」ページが開き、どの機種でいくらかかるかが明記されている
  • 「バッテリー交換を申し込む」ボタンをクリック
  • 「修理サービスを申し込む」ボタンをクリック
  • 「バッテリーと充電」をクリック
  • 「バッテリー交換」をクリック
  • 「配送修理オンライン手続き」をクリック
  • Appleにサインイン、以前購入したiPhoneをクリック
  • 「修理見積もり」ページが開き、見積り金額が見れ、引き取りに来る日時を入力する

 

あとはiPhoneのデータをバックアップ、SIMカードを抜き、データをリセット。

宅配業者さんにそのまま渡すだけ。

わかりやすかったです。

 

 

火曜日の夜に宅配業者さんが引き取りに来られました。

その後、自分のiPhoneがいまどんな状態にあるかをAppleのサイトで確認できます。

2日後に修理場所に届き、その日のうちに発送されました。

そして、次の日の午前中に自宅に届いたのでトータル4日間。

 

傷がつかないよう、しっかりした箱に二重に入れられていました。

 

全面にシールが貼られ保護されていました。

 

本体も無事、起動、動きました。

 

iPhone、どこでバッテリー交換?Apple正規店と非正規店 50代セミリタイアの検証

 

今回はApple、正規店で修理したのですが、バッテリー交換にいくらかかったかはメールで届きます。

iPhone7 Plusの場合、Appleのサイトにあった料金と同じ、5,400円+税=5,940円でした。

 

正規店、非正規店、どちらを使うのがいいかはまず直接お店に行くか送付するかで異なってきます。

お店に行く時間のある人や修理店の近くに出かけることがあればそこでバッテリー交換してもらうのが一番早い、安いかもしれません。

バッテリー交換だと1時間弱待って代金は5,000円前後です。

 

しかし、わたしたちのようにお店にまでいけなくて送付で、という人は非正規店だとiPhoneを梱包しないといけない(しなくてもいいところもあるようです)し、自分で宅配業者さんを呼ぶか宅配ステーションまで行って発送しないといけません。

 

そしてiPhoneのデータは??消しておく、それとも。。?

そういった手順があまり書かれていなかったです。

送付の場合、バッテリー交換にどのくらいの日数かかるかもわかりやすく書かれていなかった。

 

Apple正規店と非正規店、iPhone送付して修理(今回はバッテリー交換)依頼するときの比較です。

バッテリー交換 Apple正規店 Apple非正規店

ウェブサイトの見やすさ、わかりやすさ

わかりやすい

以前正規店で購入しているなら数分で修理手続きが可能

わかりにくい

(郵送方法、修理に出す準備、値段、納期など)

値段 5,400円〜(税抜、郵送料無料) 1,000円台〜6,000円台
納期 4日(7日位かかるときもあるらしい) 不明
送付の手間 無し(データを消し宅配業者にそのまま渡す、梱包資材は宅配業者が持っている) データを消し(不明)自分で梱包、発送(送料無料のところもあり)
信頼、安心 修理完了後90日間(AppleCare+に非加入でも) 不明

 

こうして見てみると、送付してバッテリー交換の場合、Apple正規店に軍配が上がりそうです。

送付するときの手間があってもいい、値段にこだわる方は非正規店に頼んでもいいですね。

 

わたしたちのように面倒くさがり屋のひとはきっと「Apple正規店でいい、信頼もできるし」となってしまいます。

ウィズコロナの時代、店舗まで行けないのでよけいにそう感じてしまいました。

 

非正規店でも内容がわかりやすく書かれているウェブサイトであれば頼んだかもしれません。

基本的にそこが大きく違うかもしれない、と感じたiPhoneバッテリー交換の顛末でした。

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。