MacBook、自分で売ってみた! 50代セミリタイアの挑戦

 

新しいMacBookAirが来てから4年前に買ったMacBookは不要になってしまいました。

 

MacBookAirが素晴らしいポイント 50代セミリタイアの場合

 

初めてAppleのパソコンを買ったときのワクワクを思い出します。

 

さて、どうするか?

 

MacBook どう手放すか? 50代セミリタイア考えた

当初、Appleに下取りをするつもりでいました。

今までのわたしの使い方だと底面が熱くなってしまうMacBook。

 

使い続けることはまずむずかしい。

だからもう使うこともない。

 

保管して眠らせてダメにしてしまうより、手放すほうがいいな、と思ったからです。

 

Appleで下取りした場合の見積額は、29,000円でした。

 

MacBook Retinaディスプレイ、CPUは第7世代 Core m3、ストレージ256GB。

当時、税込みで154,224円。

 

それが29,000円になるのか。。

3分の1にもならないんだな。。

 

と考えたとき、

 

自分で売ってみようかな

 

と思い立ち、やってみることにしました。

 

MacBook 自分で売ってみよう 50代セミリタイア考えた

キーボードは使い込んだためさすがに使用感が見てすぐわかります。

でもそのほかハード面はそんなに汚れも傷もない。

 

まずパソコンを売りに出すにはまず中身をからっぽにする必要があります。

初めての作業、これがちょっとわたしにはわかりにくかった。

けれど、Apple製品だったからこそのメリットもありました。

 

1.データ消去する前にデータをバックアップ

これはカンタン、iCloudで新しいMacBookAirにデータすべて移行できています。

Apple製品どうしのメリットです。

Windows製品だとデータ移行は面倒、時間がかかっていました。

 

そしてデータを消去。

これはAppleのサイトに方法がのっていますが文字だけでは理解が不確か。

YouTubeにやり方をアップしているひとがいて、それを見ながらやってみました。

そのひとはていねいに動画をあげてくださっていて、そのとおりにやっていくと無事、データ消去できました。

 

これで買ったときの状態になりました。

 

2.売りに出す

中古PCを売る、となるとまず中古PCをあつかう業者に委託する方法があります。

ところが見積もりを連絡してきてくれるんですがあまりかんばしくない。

Appleの下取りに出したときと変わらないくらい。

 

誰かに頼るのではなく、自分で売ってみよう。

 

フリマサイトのメルカリとラクマに出品することにしました。

 

しばらく使っていなかったフリマサイト。

写真を撮ってコメントをつけてサイトにアップするんですが、値段付けが問題です。

同じ機種を見比べてみていくらくらいがよいか、えいっと値付けしました。

 

62,000円です。

 

それも、65,000円でいったん出して様子を見てから「値下げしました!」とさらにコメントをつけてもう一度出してみた。

 

あっというまに売れました。

 

ほんとうはもう少し高くつけたかったんですけれどね。

7万円台で値付けしたかった。

しかし、放電回数(どれだけ頻繁につかっていたかの目安ですね)がかなり多いのは隠せない事実。

ここで7万台は無理だろうとふんで6万円台にしました。

値段を設定するのにも時間はかかりますね。

だけど、誰かの手を借りず、自分で値段を決めて自分で売った、と納得はできました。

 

ラクマはメルカリより手数料は少ないけれどやっぱりそれなりに引かれてしまって手元に入ったのは59,000円弱でした。

それでもAppleでらくらくと下取りするより倍以上の値段。

 

Apple下取りは楽、でも、Appleに製品を下取りしてもらうときにはデータ保存、データ消去はみずから行わないといけない。

梱包など送付にはまったく手はかからなかったでしょうけれど。

 

フリマサイトだとデータ消去したあと、製品をきれいに清掃し、梱包、フリマサイトに出品する手間はかかります。

それでもやっぱり自分で納得した形で手放して、買ってくださったどなたかからメッセージをいただくとよかったかな、と思えました。

MacBook 自分で売ってみてどうだったか 50代セミリタイア考える

いまになって思うと、新しいパソコンであるMacBookAirが発売になったばかりのときに売りに出さず、もう少し待ったほうがよかったかな、と思いました。

中古品でも同じ機種のパソコンはまだ売られています。

この機種は人気があったんですね。

でも、

売りに出したタイミングや値段付けのことはもう考えず、欲しいと思う誰かの手に渡ったならそのあとはもう考えなくてもいいか、と。

 

フリマ初心者に近いわたしなので、またひとつ経験、勉強ができました。

またフリマを使うこともあるかもしれないですしね。

 

このときのことを記して、もしかしたらどなたかの参考になればさいわいです。

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。