夫がわたしにしみじみ話したこと

 

夫は一人っ子です

 

数年前に義母が、

昨年、夏の終わりに義父が亡くなり

 

夫は

 

これで一人になったなあ

 

と言っていた

 

 

 

 

今日なぜだかしんみりと

 

(わたしが)いなかったら

ひとり寂しく過ごしていただろう

いてくれて助かった

 

と珍しく話す

 

真顔

 

 

わたしは弟がひとりいる

 

そんなに会うこともなく疎遠だけど

 

一人っ子と兄弟がいるとでは

やっぱり思いは違うだろう

 

例えばわたしの両親が亡くなっても

弟がいるなら

一人ではないと感じるかもしれない

 

一人っ子の場合

仮に子どもがいるとしても

子どもたちが巣立っている場合

子どもたちと一緒に住むことはどうだろう

 

可能性はあるが

子供は子どもと親は考えて

一人で住むことになるのだろうか

 

連れ合いがいるといないとでは

心の持ちようが違うのか

男と女でも異なるとは思うが

男性の場合、

より寂しさ、孤独を感じるかもしれない

 

女性なら通常

柔軟に社会に馴染むことができるかもしれないが

男性は長けていない人もいる

 

夫はそのひとりだと感じる

 

 

わたしにずっしりよりかかるタイプではないが

 

わたしが心のよりどころにはなっている

 

そう言われるのなら

そうなんだろう

 

 

 

わたしも一人でいるより

生活するところを提供していただき

ありがたく思うし

今までの誰より過ごしやすい人だとは思っている

 

こちらこそありがたいし

おかげさま

 

 

 

そうやって過ごしていければいい

 

先はどうなるかわからないけど

 

 

 

楽しみがお互い共有できているから

それでいい

 

 

 

なんか温度差があるようだけど

それくらいがいいですよね

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。