【新型コロナ備えておきたいもの】★追記しました パルスオキシメーターほか 50代医療従事者も備えます

新型コロナウィルスの勢いはとまりません。

今回のウィルス、やっかいなのは変異すること、きっとだれもどうなるかまだ予想がつかないでしょう。

変異ウィルスも市中感染がみとめられたので、いつ罹患してもおかしくない状況です。

出歩かないから大丈夫、とは言えなくなってきました。

 

怖がらないで、といっても怖いものは怖い。

正しく怖がりましょう。

 

いざというとき、もう医療機関にかかれないかもしれません。

自宅で待機するために必要な物品をそろえておきます。

 

新型コロナウィルス おかしいなと思ったら 「軽症」の定義

熱が続く、頭痛、臭いを感じない、味覚症状、呼吸がおかしい、などと思ったらかかりつけ医にまず電話(直接行ってはいけません)して指示をあおぐ、です。

「それは軽症ですね」と言われたら自宅待機になるでしょう。

でももう高熱でフラフラな場合は「軽症」ではないです。

 

「軽症」の定義は、入院が必要でない状態、です。

入院して措置する必要がない、つまり、酸素吸入や人工呼吸器装着などしなくていい状態。

でも高熱でフラフラ、息も苦しいのに「それは軽症ですね」と電話で判断されたらたまったものじゃない。

 

しかし、この時期、万一、そんなに苦しい状態でも医療機関がすぐに見つからないかもしれない。

そういった場合、覚悟して自宅で過ごさなければいけません。

無症状でも重症でももう医療機関にかかれない、入院できないなら自宅で過ごすしかないのです。

 

ところが、そうなった場合に自宅で何をそろえておけばいいか、国が作ったマニュアルは今のところ見当たりません。

どこを探しても見つからないので、自分たち、家族を守るため、自分で考えてそろえましょう。

 

新型コロナウィルス 自宅療養必要品リスト ★追記しました(蛍光色のところ)

  • 体温計
  • パルスオキシメーター
  • 使い捨てマスク
  • 使い捨て手袋
  • 塩素系漂白剤(キッチンハイターなどでも可)
  • せっけん
  • アルコール除菌スプレー
  • トイレットペーパー多めに
  • ティッシュペーパー多めに
  • 使い捨てガウン、手に入らなければレインコートなどの身体をすっぽりカバーできるもの、布はNG
  • ゴーグル(なければメガネ)
  • ビニール袋(サイズいくつか、かなり多め、100枚単位で、ゴミ、吐瀉物、トイレに行けない時など)
  • 延長コード(スマートフォンなど充電が手元でできる、発熱してると歩くこともできなくなるから)
  • 加湿器(水だけ入れるシンプルな機能のもの、なければ濡れタオルでも可)
  • 毛布何枚か(寒くて死にそうに思うときに)
  • タオルケット何枚か(寒さしのぎや汗ふいたりなどタオル代わりに)
  • ゴム製の氷枕2つ(凍らせておく、高熱出したらまず頭に当てる、交互に凍らせる事できる)
  • タオルできるだけたくさん(濡れタオルで冷やす、汗ふく、とっさの吐瀉物用など)
  • 生理用品
  • ストロー(症状によっては水分系が飲みにくい場合あり)
  • 使い捨て食器、コップ(何種類か)
  • 割り箸
  • 使い捨てスプーン、フォーク

食料品

  • 主食(レトルトのおかゆ、電子レンジ加熱可の白飯、シリアル)
  • 間食類(特にチョコレートやアメ)
  • スポーツ飲料
  • レトルト、インスタント食品
  • 缶詰(特に刻んだ果物、ツナ、おかず類)
  • 冷凍食品(電子レンジ、火にかけるだけで調理できるもの)
  • その他常温保存できる食品(粉末状スープ、火にかけるだけの鍋焼きうどん、サラダチキンなど)
  • ゼリー状の栄養補助食品、飲料(inゼリーなど)
  • 日持ちする野菜(じゃがいも、たまねぎ、にんじん、きゃべつなど。快復時、食べたくなります)

 

ご家庭によっては他にも必要なものもあると思いますが、ざっとあげてみました。

このような備品を、人数分X2週間分、今、備えておく。

震災など災害時に必要なものをすでにそろえておられるご家庭はその中を確認しておいたほうがいいですね。

 

無症状や軽症ならいいのですが、国や政府は中症、重症化して医療機関がなくなったときのこと、自宅療養の方法をわかりやすく公表していないように思われます(2020年1月19日現在。あるもののひじょうにわかりにくい、理解しにくいです)。

 

自分を家族を守るために、最低の備品を、いま、手元においておいてください。

 

新型コロナウィルス パルスオキシメーターについて気をつけること

パルスオキシメーター、血液の中の酸素濃度を調べる簡易な機械ですが、いま、マスコミで取り沙汰されていて品薄、などといわれていますが、大丈夫です。

2万円くらいする高価なものもありますが、医療機器認証を受けているものでも1000〜3000円くらいです。

どうしても日本製がいい、とおっしゃる方はこちらになります。

 

 

 

 

 

人差し指を深く差し入れて測りますが、この冬の時期は測定できないことがあります。

★寒くて血流がとどこおってしまうためなので、別の指で測る、しばらく手指をお湯であたためるなどしてから測ります。

★一瞬出た数値だけで判断するのではなく、変化しないか、数値が落ち着くまでしばらく見ていてください。

 

新型コロナウィルス 備えあれば憂いなし

感染症対策として一式そろえておけば、今回の新型コロナウィルスだけでなくノロウィルスなどの感染症にも対応できます。

災害時の備品としても使えるのでけして無駄にはなりません。

万が一のことは考えたくないとしても、いったんそろえてしまえば安心できます。

 

みなさんそれぞれ、身を守りましょう、元気でいましょう。

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。