【50代ファッション、どんな洋服を着る?】断捨離して思うこと 50代セミリタイア主婦

 

断捨離は続きます。

今度は衣類を断捨離します。

そう、習慣にしてしまえばよいのですよね。

衣替えごとに着なかった服にさよならしていけばいい。

それだけのことなんですがなかなか踏み切れない。

 

もう20年以上着ている服もあります。

50代も後半になり、どんな服を着ればいいのか、迷うことありませんか?

「50代らしい服」ってなんだろう、と考えます。

 

50歳過ぎて着る服が変わった 50代セミリタイア主婦の場合

 

自分が好きな服なんだから何を着てもいい。

 

そう思えたのは30代までかな、と思います。

40代まではなんとかなった。

でも50代に入ってから様子が違ってきました。

 

なぜだろう?

 

体つき、顔の様子、肌のつや・はり。

20代のころの写真を見ると全く違う。

 

身体は正直です。

女性はホルモンや神経のバランス、50歳前後になるとガラッと変わります。

 

それでも思うのは、50代女性もいろんな人がいる、ということ。

いままでの歴史、下地、過ごし方、性格、環境、遺伝。

いろんな要素が50代以降、顔や身体にはっきり出ますね。

これだけはあらがえないもの。

 

では「50代らしい」服で素敵に過ごしたい。

そう考えたとき、50代っぽい服、っていうものは無い。

存在しない。

「50代らしく」あるよりは、「自分らしく」が最適かも、と考えています。

 

自分らしい服ってどんな服? 50代セミリタイア主婦の場合

 

どんな服が自分らしいか、考えてみます。

 

まず、外で仕事をしないので外出用の洋服はいらない。

しかし買い物に出たりたまににぎやかなところに行くときは、「清潔な服」。

 

50代以降の服、大事なのは清潔さだと思っています。

着飾る必要はない、着飾っても洋服が浮いてしまいます。

結局、さっぱりと手入れされた清潔な衣服が一番。

そこにちょっとだけ流行を取り入れる、さし色を入れるだけでいい。

 

あとは普段自宅で過ごす、ちょっと近所に出かけてもいいような服。

そして、自宅でリラックスする、そのまま寝る服。

 

パジャマは持たないです。

 

夜間でも地震や天災、いつ何があってもいいように、外に出てもおかしくないような服にしています。

 

半袖Tシャツ、長袖Tシャツとジャージ下、だったりしますが、それでもパジャマがわりになる。

女性はできればゆるめのブラ付きキャミソールを下に着ていると安全かな、と思います。

Tシャツ一枚では不安、心もとない気持ちですよね。

 

服を削ぎ落とす 50代セミリタイア主婦の場合

 

50代になって着る衣服をまとめてみると、

  • ちょっと外に出られるような昼の服
  • 夜過ごす、リラックスできる服
  • 冬のコート
  • 春秋の薄い上着
  • 礼服1着(夏冬兼用)

 

究極、これだけでいいんじゃないかと思います。

この内容を季節ごとに見直してくたびれていたら数枚買い換える、で良い。

 

しかし、礼服だけは持っていたい。

急に必要になることがある。

季節ごとに手入れ、チェックしておかないといけないですが。

 

これだけじゃおしゃれじゃないよ、と思われるかもしれません。

それはさし色や少しの流行で十分。

洋服をとっかえひっかえ着ていた40代までとは違い、テーマは清潔感。

それだけおさえていれば衣服はほんとに少なくなります。

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。