50代の朝活は、Twitter

今年から暮らし方を見直そうとしました。

 

朝一番のゴールデンタイムに文章を書こう!

2時間集中しよう!

 

本にもよくあります。

早朝は何より重要なことをやるものだ、と。

Most Important Thing=MITをこなす時間である、と。

「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣」

 

そう思ってやってはみたんです。

 

ところが。

うまくいきませんでした。

 

50代の朝活はTwitter それでいいの?

毎朝4時過ぎからTwitterで朝のツイートをし、みなさんに朝の挨拶をする、ということを半年くらいやっていました。

それがわたしの朝活だった。

 

4時過ぎに起きて夫を見送り洗濯など家事をしながら6時25分のラジオ体操まで、約1時間半。

とにかく朝の挨拶をしまくる。

まったく脳天気な朝活です。

 

だけど、楽しい。

 

わたしは朝のツイート、挨拶しかしてないです。

そのあとツイートすることもあるけどあまり読まれていないことを知っている。

 

朝のTwitterでの挨拶活動をやめて文章作成に変えてみた。

 

3日で挫折しました。

 

なぜか。

Twitter、朝のみんなのツイートが気になってしまうから。

 

50代の朝活はTwitter なぜそこまで続けられるのか

Twitter、朝のみなさんのツイートははっきりいって、「金」です

これ以上すばらしいものはない、と思っています。

 

  • どんな読み物よりリアルだしトレンドを知ることができる、知識を得られる、勉強になる。
  • おもしろそうな本や音楽、映像に出会ったり、おいしそうな食べ物にも出会える。
  • なによりモチベーションが保たれる!

 

早朝のTwitter、すごくレベルの高いツイートが多いです。

なんでもない朝の挨拶、と思いますよね。

でもその内容がやけにレベル高すぎです!

 

昼、夜のツイートはあまり知らないですが、のぞいてみてもそれほど感銘をうけないんです。

なぜだろう??

 

50代のTwitter 朝のツイートは癒やしであり自分との戦い

半年間、毎朝Twitterと向き合っていると、毎朝読みたいツイートにたくさん出会います。

 

今朝もこの人の言葉が読みたい。

この人に挨拶をしたい!

 

別に早朝じゃなくてもいいじゃないか、と思われるかもしれません。

でも早朝、4〜7時台のツイートには素晴らしいものがあります。

はっきりいって早朝以外はTwitter見なくてもいい、とまで思います。

早朝はそれほど質の高いツイートが多い。

 

なんでもない毎日やあったこと、やっていることなどをツイートされている。

でもそこから得ることのできるアイデアがある。

ずっとTwitterに張り付いていられないからこそ早朝のきらめくツイートに触れた〜い!

 

そう思い、朝一番にやろうとした文章作成は朝の時間以降にずらしました。

 

50代のTwitter 朝のツイートは最高、やめられない

早朝のツイートに返信(リプライ=リプですね)する楽しさもある。

ご迷惑かと思いながらもこのツイートに返信したい、したくなる。

 

朝起きてから2時間のゴールデンタイムはTwitterでツイートすることとリプすること。

同じSNSでもFacebookやInstagramなどではこんなことはできない。

そして、最大140文字しか打てないからこそ心に響くものがある。

 

リプするにも短い文章、短時間、すばやく熟考する。

多様なツイートにどう返信するか。

限られた時間内に返信する、やりとりする楽しさ、毎日続けることで自分が癒やされる、磨かれる。

 

朝の忙しい時間に話しかけていいものやら迷惑じゃないのか、でも、そのひとたちの言葉に触れたい。

朝のツイートたちに触れるたび、それらが自分のもの、インプットになって吸収されていくのがよくわかります。

 

半年でずいぶん楽しいことや便利なことも知ることができた。

自分が変われた。

救われたときもある。

 

そんなこんなで、

朝のTwitter愛が止まらない!

 

そんなわけでわたしの朝活は、Twitterです。

 

 

「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣」

 

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。