母親が、苦手。ツライ

今日はイヤな気持ちになる話なので読みたくない方はそっと閉じてください。

 

昨日の母との電話でまた疲れてしまっているわたしです。

今に始まったことではないですが。

 

わたしは母が苦手です

 

今、母はだいぶ離れたところで父と一緒に暮らしています。

父は少し病気を持っていますが、母は特に持病はありません。

体力がなくなってきたことが問題でしょうか。

今は二人暮らしでも支障がない状態です。

 

昔、父は会社員で帰りが遅く、あまり自宅にいなかった人なので母と子供たちだけという生活でした。

母はわたしたち子供が小さい頃、何かにつけて注意をし、従わなければ言い続ける、という独裁家庭だったので、早く家を出るために大学を卒業してすぐに結婚したわたしです。

 

手が出ることはないにしろ、母の言葉で支配、虐げられていたところが大きく、わたしは精神的に不安定でした。

それでも親の良い子であろうとして、認められようとして無理をして心を病んだ。

 

かわいくない、愛想のない、冷たい、何を考えているかわからない子と言われ続けて育った子供時代、弟を連れてプチ家出をしたこともあります。

食事のたびに母から姿勢が悪い、食べ方が悪いだのと文句を言われていたので笑顔で穏やかに食べた記憶がありません。

食事はおいしくなく、ストレスで唾液がでなくなったこともあった。

 

母とは手をつないだり抱きしめられたりという記憶もありません。

小さな頃、夜、いろいろ考えてしまい寝られなくて母に一緒に寝て、と言っても絶対に寝てくれず、父が代わって寝てくれていた。

そんなイヤな記憶は忘れなさい、親を許しなさいと言われてもできないです。

 

電話さえもツライ

 

小さい頃、疎ましがられて育ったわたしに、今、親の顔をして訴えてくる母。

離れて暮らしているわたしのことが心配だからせめて電話をして、と言われるので2週間に1度くらい電話するのですが、それもしんどい。

電話の内容も何気ないことならいいのですが、昔のように必ずお説教になるのでできれば話したくない。

他愛もない、首を剥き出しにしていると風邪を引くから必ずマフラーをせよ、とかそう言ったお説教。

いつまでも大きくなっても母にとってわたしは子供。

わからないでもない。

 

だけどそんなこと言わないでもわかる年齢だからもう言わないで、と言ったこともあったけれど、止まないのでもう言わない。

 

どうすればいいと思いますか?

 

育ててくれたことに感謝はしていますが、母が言うように一緒にいるのが良いのか。

いろいろ考えましたが、わたしはイヤです。

一緒にいたくない。

 

だとしたら毒のある娘でいるしかない。

冷たいと言われるけれどイヤなものはイヤです。

 

こんな文章を読まれた人も、イヤな人、冷たい薄情な娘、と思われるでしょうけれど、わたしはそれでもいい。

娘のわたしにとって一番幸せなのは、今の生活を穏やかに続けることだと言っても理解されない親ならもうそれでいい。

親とは付き合うけれど出来るだけ一緒にいる時間を短くする、言葉を交わさない、それだけです。

親が子供を選べないように、子供は親を選べない。

 

 

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。