【いま打ち明ける】アメブロ1年続けてみて 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

アメブロ、Amebaブログ、去年の5月8日から取り組んでいました。

ブログを取り組む、ってなんか変な言い方ですね。

でもわたしにとってはそういう気持ちで始めたアメブロでした。

その結果、燃え尽きた、限界を知った、というところです。

そしてこれからどうするか?

先に結論を言ってしまうと、自分のペースで書き続けてみます、というお話です。

 

アメブロのマネタイズの仕組み 50代セミリタイア主婦の挑戦

Amebaブログ、アメブロ、たくさんの人がブログを書いて楽しんでいます。

日々あったこと、うれしかったこと、イヤだったこと、自分や家族のこと。。

ブログの集合体、というのでしょうか、さまざまなブログが存在します。

 

しかし、単なる集合体ではない、ということは知っているひとは知っている。

ビジネスの場、でもあるからです。

 

単純にブログを書いて楽しむ、それだけでももちろんかまわないし、本来そういう場所。

だけど、このアメブロ、お金を稼ぐひとはとてつもない金額を稼いでいます。

 

なぜアメブロがビジネスになるのか?

 

ひとつはAmeba pickという広告を貼ることです。

楽天、Amazon、いろんなサイト、気軽に商品にリンクを貼れる。

そこをクリックして買い物をすれば広告報酬が発生する。

まさにアフィリエイトです。

広告報酬は低いけれどクリックされて報酬が集まればすごい金額になります。

 

では、クリック数を集めるにはどうするか?

記事をたくさんのひとに読んでもらう。

よりたくさんのひとの目に触れるためには記事の内容を面白くしたりためになる記事を書いたりする。

ファン、フォロワーを増やすことも大事ですね。

記事もたくさん書いたほうがよいとされています。

 

アメブロ1年間どうだったか 50代セミリタイア主婦の挑戦

アメブロはAmeba pick以外にアフィリエイトは貼れなくなってしまったのですが、それでもいろんな手法があります。

もっと大きくマネタイズすることも可能ですしがんばっているひとも多いです。

 

Ameba pickで稼いで。。という気持ちはほとんどなかったです。

なぜなら、最初から勝てる気がしなかった。

アメブロで盛り上がっているのは多くは子育て世代のみなさんだからです。

子育て真っ最中のみなさん、日々のいろんなできごとを同じ世代の方たちと共有できる。

便利なグッズや商品など紹介しあうことでお互い盛り上がることができます。

 

わたしはというと子育て世代ではないし子供はいない、基本家の周辺で過ごしているから事件も毎日起こらない。

それでもちょっとはがんばってみようと思ったわけです。

しかしそううまくはいきませんでした。

もっと記事の書きようがあるとは思うのですが、案の定、トーンダウンしました。

 

疲れました。

単純に疲れたというか、ガシガシやることはわたしには無理だなとわかったのでそれはやめました。

 

それでもお話を交わすひとたちが少しはできました。

ブログを書くよりそういった人たちと関わることがうれしい。

ちょっと困ったときもありましたが、アメブロも結局はひととひととの交流なんだな、と感じます。

 

ビジネスうんぬんよりアメブロではわたしはそっちのほうがいいみたい。

 

ようやく今年になって月に1回くらいの投稿をしています。

 

アメブロもすべてひととのつながり 50代セミリタイア主婦の挑戦

アメブロもそうですが、どんなSNSもひととのつながり、信用、ファンになる。。

そんなやり取りが要なんだなとつくづく思います。

 

にわかにフォロワーを増やしてもそれは一時のこと。

 

長く読んでくださる、話しかけてくださるひとがほんとうのフォロワー。

そのつながりを大事にして今日も1記事アップしました。

そんなふうにしてほそぼそでも続けていけたらな、と思っています。

【いつもそこにいること】SNSはわたしの夢に似ている 50代セミリタイア主婦の想い

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。