【中止、腸リセット】腸活の挫折 意外なメリットも 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

お腹の調子があまりよくないわたし。

腸活として腸リセットを試みてみました。

 

【腸のリセット中】便秘が気になる 50代セミリタイア主婦の挑戦

【腸活の意外なメリット】発芽玄米がおいしい! 50代セミリタイア主婦の発見

 

しかし、17日間やってみて、3週間のゴールを目前に中止することに。

理由は、あまり変化がみられなかった、良くないこともあったので、止めることにしました。

やってみてどうだったのか、今回の試みは良くないことだけだったのか?

 

 

腸活、腸リセット やってみたが変わらない体調 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

3週間、食物を制限して腸をいったんリセットし、わたしの体調の悪さを引き起こしている原因をつきとめようと挑戦してみました。

 

しかし、身体の調子が変わらない。。

一番目安になるはずのお通じが変わらなかった。

 

ずいぶん食物繊維をとってタンパク質も水分も摂って、とやってみたのですが、変わらない。

 

途中から胚芽玄米を取り入れてさらに食物繊維を増やしてみましたが、ある日、お腹が痛くなったことがありました。

よく考えると胚芽玄米を食べるのは初めて、そのうえいつも食べる速度が早いわたし。

あまり噛まずに食べていたので内臓に負担がかかったんでしょうかね。

その後、少しずつ、たくさん噛むようにして食べると症状はおさまりました。

 

そして体重が1.5kgくらい減ってしまいました。

甘いものを食べなかったこともあると思うのですが、短い期間にこれだけ体重が減るのは、今だけかもしれないけれどあまり良いことではない。。

そんな気もして、腸リセットを止めることにしました。

 

腸活、腸リセット なぜこうなったか 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

腸リセット、変化がみられなかったのは確かです。

ということは、節制した食品たちは悪さをしていなかった、かもしれない。

本に書かれていた3週間、しっかり腸リセットできなかった、でも17日間はやってみたうえでの結果です。

 

では体重が減ってしまったのはなぜなのか。

初めて食べた発芽玄米のせいかもしれないし、小麦を食べることを控えて米食にしたため糖質吸収がおされられたのかも。

すべて憶測、何が正解なのかはわかりません。

 

以前から小麦や乳製品は自分の身体に合わないんじゃないか、となんとなく思っていました。

10代の若い頃、小麦や乳製品を良く摂っていた頃はお腹の不調もあったしにきびにも悩まされていました。

だからわたしには合わない食品かと思っていましたが、今回小麦や乳製品を食べなかったことで体調が変わらなかった、ということは合わないわけではなさそうです。

 

一方、食物繊維を取りすぎても良くない、といわれます。

便秘の場合、食物繊維をいっぱいとればいいんだ、と思うけれど、とりすぎも良くないらしい。

食物繊維の種類によってはいっぱい摂ったためにかえって便が固くなってしまうこともあるそうです。

 

便はほとんどが水分。

繊維や身体の排泄物などは数パーセントしかないそうです。

食物繊維だけでなく水も必要。

だからといって水ばかり飲むのもアンバランス。。

ではどうしたらいいのか。

 

腸活、腸リセット 結局どうしたらいい 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

今回腸活、腸リセットをやってみていろいろ勉強になりました。

結局、ごく普通、まっとうな結論ですが、一番好ましい食事は、まんべんなく食べること。

そして、日本人が昔から食べていた食事、そこに良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどを加える。

それに尽きるようです。

できれば小麦類、乳製品、添加物は控えていくのもよさそう。

 

なぜ小麦を避けるのか、ですが、小麦にはグルテンが含まれています。

グルテンは変化していて、日本古来のものではなくなっている。

そのため日本人全員ではないけれど、一部、腸に良くない現象が起きるひとがいるらしい。

 

今回、小麦をとらなかったことでずいぶんレシピに悩みました。

まったく小麦を食べないで毎日料理、食事するのはかなりむずかしいことなんだなとあらためて認識しました。

ついついおいしいし手軽なので、小麦製品ってけっこう食べている、とあらためて気づきます。

 

小麦粉でできていない、と思うものにも小麦は入っていることがあります。

たとえば蕎麦にも一部小麦が使われている。

醤油などの調味料にも使われていたりします。

小麦をとらなかったはずなのに実は知らないあいだに小麦を摂取していたかもしれません。

 

腸活、腸リセット やるべき?どうなの? 50代セミリタイア主婦の挑戦

 

今回かなり注意して腸リセットやってみたけれど変化がなかった。

だけど食物に関する新しい知識は得ることができました。

神経質にならず、腸に良くないかも、とされている食品もたまには食べる。

あまり相性の良くない乳製品でもチーズや生クリームなどは大好き、たくさんでなければ食べようと思います。

 

アレルギーなど重篤な症状がなければ、あまり食べるものを制限せず、ストレスを抱えない食生活が良い。

 

今回の腸リセットでお米を食べることが多くなり、お米のおいしさをあらためて実感しました。

北海道から何種類か少しずつお米を取り寄せてみて、食べ比べて楽しんでいます。

そして、久しぶりに煮干しで出汁をとったりし、ていねいな食事を心がけることを再認識できた。

そんな食事への楽しみも増えたので、自分の身体と対話しつつ、身体の喜ぶ食品を摂り毎食大事に食べていこうと思います。

 

腸リセット、わたしはこのような結果になりましたが、もし身体の不調があって悩まれている方は以下の本を読んでみてはいかがでしょうか。

腸活で腸リセットをやる、やらないに限らず、身体のはたらき、構造を知る。

いったんあやしい食品たちを身体から取り除き、何が自分の身体に災いしているのかがわかればそれらを避けるだけで健康な身体になれるかもしれません。

「腸のトリセツ」江田 証

 

「腸をリセットする最強レシピ」江田 証

 

 

 

★園芸療法というものをやっています★

\ぜひ知っていただきたい園芸療法♫/

「みどりのおもちゃ箱」

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます/

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。