春を前にして、元・同僚の英断

そろそろ3月、人事異動の時期ですね。

 

元・同僚の異動願

元・勤務先で出会った友人とまだ会って飲みに行ったりしているのですが、昨年、異動願を出した、と聞きました。

理由は、

今の職場がどうしても嫌だから。

 

いいんじゃない。

嫌な職場に無理していることはない。

 

彼女の場合、人間関係が一番の理由です。

 

わたしも知っているその職場の人たち。

わたし自身、本当に嫌なことを経験したので、わたしは早々に辞めて転職してしまいました。

 

話すのもイヤ、顔を見るのもイヤ。

「同じ空気を吸う」ことさえも嫌だった。

 

人間一つくらいはいいところもあるからそれを見つけて付き合おう、という意見もありますが、わたしには無理でした。

一つもいいところがないからです。

 

イヤな人でも距離を置いていればやり過ごせるんじゃない?

それも一つの意見。

できないこともなかったのですが、仕事内容に制限がかかってしまった。

そのことがあって、もうここではやり尽くした、もっと新しいところを見に行こう、と考えてわたしは辞めたのです。

 

転職か異動か。それはその人次第

その同僚もわたしがどうしても許せなかった人との関係に長い間悩みながら勤めを続けていた。

優しい彼女はなかなか踏み切れず、わたしが辞めてから4年間勤め続けてきた。

 

でももうさすがに心折れすぎて、限界。

どうしても許せないその人たちは彼女の仕事を取り上げて。

大人気なく意地悪をする人はたくさんいます。

とうとう昨年異動願を出したようです。

 

辞めてどこかに転職することも考えたけど特に行きたいところが見つからなかったようです。

家庭の事情もあり、今の法人内でとどまることを決めた、と。

 

頑張りすぎる。それもその人次第

わたしと違って、自分のことより周りの人のことを本当によく考える彼女。

何年も悩んだ末、ようやく異動になり、サバサバしている。

早くそうすればよかったじゃない、とわたしが思っても、すぐにはできない彼女。

周りの職員などのことを考え、気を使っていたんでしょう。

 

わたしがさんざん彼女に

「そんなに辛いならもう辞めれば?」「もう十分やったよ、あとは大丈夫だよ」

とそそのかしてもじっくり考えてガマンしながら働いていた。

 

人それぞれ、誰が正しくて誰が悪いなんてことはないのでしょうけど、彼女の忍耐力には根負けです。

何度も何度も考えて考え抜いた末の決断。

わたしとは大違いだけど彼女はそうしたかったんですね。

 

4月からは新しいところへ異動になるだろうけど、今度直接会ったら「よくがんばったね」と言ってあげたい。

 

もうすぐ 春ですね。

 

★YouTubeやっています★

クリックすると別窓が開きます

園芸療法スタジオ みどりのおもちゃ箱

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。